けいちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS 2/20(火)

<<   作成日時 : 2007/02/21 02:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は平凡な一日だったので、書く事がほとんどない。

相変わらず仕事にやりがいを感じないし、
特にイベントのない一日だったし。

それでもあえて特筆すると、
最近朝が起きられなくなってきている事位か。

まぁ、会社に遅刻するほどではないので
まだ問題視する程の事ではないのだが、
夜の眠りが浅いという事と相まって
精神的に非常にだるい日常が続いている。
いくら寝ても、寝た気がしないし、生あくびは絶えないし、
午前中はなかなか体温が上がらないし。

この体調不良が仕事に対するやる気を削いでいる
一因でもあるのかもしれないが・・・。
もっとも、主因は別の所にあるのだけれど。

さて、ここらで私が勤めている会社の内情をちょっとだけ暴露。
この会社、社長が脱サラして興した会社なのだが、
総務関係を取り仕切っている専務は当然、社長の奥さん。
で、以前は常務として脱サラ前の社長の同僚だった人がいたのだが、
これが一応定年として退職。
その後(1年程前)に副社長として専務のお姉さんの旦那さん
(社長からしてみれば義理の兄になるのだろうが・・・)が就任、
と同時に結婚して苗字は変わっているが社長の長女が
管理部門の社員として中途入社して今に至っている。

ここだけ見ていると、もう完全に社長一族の一族経営企業である。
もう20年以上も勤めている古株の社員が他にもいるというのに、
明らかにそれらの社員よりも好待遇で一族を経営陣に取り込んでいる。

さらに、ここ最近は人件費の削減を主目的として、
中国に子会社を設立、本社の方にも中国人を雇い入れ始めている。
確かに人数は増え始めて入るのだが、
スケジュール管理を含めた管理をする事のできる
中堅以上のベテラン社員の層が明らかに薄くなってきている。
もちろん、それらの人の退職や、高難度の仕事への常駐によって。
みんな明らかに社長のやり方についていけなくなったり、
見限ったりして離れていっている。

こんな会社が、果たしてどの位会社として機能していけるのだろうか?
甚だ疑問である。
きっと近い将来、破綻をきたすであろう事は目に見えている気がする。
かく言う私自身も、後顧の憂いがなくなれば早々に見限るつもりではあるが(笑)

そんな中、来年度(今度の4月)からまた社長の口車に騙されて、
4人の新入社員が入社する様であるが、
今の仕事の状況ではまともな教育担当を付ける事すら不可能だと思われる。
きっと、初期教育もそこそこに、OJT(オンジョブトレーニング)の名を借りて
実働部隊に組み込まれるんだろうな〜。
かわいそうな新人達・・・(笑)・・・笑い事じゃないんだがね。
そんな状態だから、土台もしっかりしないまま実践投入されて、
仕事についていけなくなって早々に退職してしまう若いのが多いんだよね〜。
いくら人の入れ替わりの激しい業界だからといって、
離職率5割以上というのは異常ではないだろうか?

売り上げを確保する為に消化可能な量以上の仕事を取らなければならない
→取った仕事をこなす為には人数をかけるか時間的負担を増やすかしなければならない
 →人数をかける為には新人といえども即実践投入しなければならない
  →土台の教育も満足にして貰えないまま実践投入された新人は
   その負担に耐えられずに早々に退職してしまう
 →時間的負担を増やす為には裁量労働契約をしている
  実質年俸制の社員を休日に駆り出してただ働きをさせる
  →ただ働きに近い仕事をさせられている社員は耐えられずに辞めるか、
   無断欠勤・遅刻・居眠り等の不良労働の常習犯になる
   →結果、仕事が消化不良になってしまうので売り上げは落ちるし人は減る

とまぁ、こんな悪循環に陥っていますね、今の私の勤めている会社は。
こんな簡単な事に気付かない程馬鹿な社長ではないとは思うのだが、
やっぱり”馬鹿”なのだろうか?・・・先は長くはないだろうな・・・。
早く次を探すかして、後顧の憂いなく辞めてやりたいのだが・・・。


最近にしては珍しく、仕事に関する愚痴が長くなってしまったが、
今日も仕事終わりに通院・買出しをして帰宅後は、
定番のWebラジオを聴いて、録画したアニメを見て過ごした。
この辺に関しては特記すべき事が見当たらないので、
この辺で後は省略(笑)

さて、もうこんな時間になってしまったが、
明日は待望のマガジンの発売日、仕事前に魔法先生ネギまだけでも
立ち読みせねばならないので、この辺にして寝る事としよう。
でも、明日の朝、きちんと起きられるかな〜・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

2/20(火) けいちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる