けいちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/29(火)

<<   作成日時 : 2007/05/30 02:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日、会社で正式に来月のプロジェクトの発表があった。

案の定、新プロジェクトのリーダーに指名されてしまった。
本当は先輩がやるはずだったのだが、
その先輩が今回の仕事を始めるにあたって社長と大喧嘩、
その結果退職してしまうという事になってしまい、
そのお鉢が私に回ってきてしまったのだ。
で、来月と言っても、実は年末までの半年程のプロジェクトなのだ。

その大喧嘩の場には私も同席していたので
この結末はある程度予想はついていたのだが、
やっぱり実際に発表されてしまうとちょっとショック。
何せ、今回の仕事は12年以上前に納めたシステムのリプレスなので、
当時のシステムについては入社11年目の私は当然全く知らないシステム。

そのシステムの内容を一から解析して新たに組み直さなければならないのだから、
到底一筋縄では行かない仕事である事が始める前から目に見えていた。

それが嫌だから2年前に一度この話が出た時にも当時の担当候補者が
退職してしまい、今回も同じ様に先輩が退職してしまう事になったのだ。
私としてはいいとばっちりなのだが、だからと言ってすぐに退職できるほど
私の方は準備ができていないので引き受けざるを得ない状態・・・。

大体、当時の担当者が退職するにあたってその引継ぎを
確実に行わせていなかった会社(社長)に責任があるはずなのに、
その責任を社員に押し付けているのだから、やりきれない。
指示をするだけで確実に行われたかをチェックしていないのだ。

引継ぎが成されていないのだから、当然当時のシステムの
仕組みを知っている人は当然社内には残っていないので、
当時の資料(全てが揃っている訳ではない)を一から全てひっくり返し、
全てを解析してから一から作り直し、さらに今回新たに、
別稼働中のシステムとの連携もこなさなければならないという事らしい。

今回にしたって、結局当時の様子を全く知らない私がリーダーになって
プロジェクトを運営していくというのに、
そのサポート体制すら構築してくれないというていたらく。
部下として押し付けられたメンバーも、
一人は入社三年目の遅刻常習犯、二人は入社二年目という半分ど素人。
辛うじて頼りになりそうな二人も、うち一人は入社三年目の素人に毛が生えた程度、
残りの一人が他のプロジェクトとの掛け持ちだから、それ程当てにはできない状態。
そんな状態でプロジェクトが正常に運営できるはずも無く、
約半年間、お先真っ暗ですわ・・・。

例えるに、「目隠しされて後ろ手に手を縛られて足枷も付けられて、
真っ暗な迷路のゴールを目指す事を強要されている」といった感じですか・・・。
それで黒字を出す事を求められているのだから、到底無理な話でしょう・・・。

そういえば、六年ほど前にもこんな状況があって、
その時は結局周りの大勢を巻き込み、大赤字を出してしまったな〜。
何か、その時の二の舞になりそうで嫌な予感がしてならない・・・。

こんな状態で、正常な精神状態を保って仕事をこなしていける人がいたら
是非会ってみたいものだと思う。
つい先月まで地獄を味わっていたというのに、
これからまた半年も地獄を味わう・・・。

楽な仕事など無いとは分かっているつもりだが、
ここ最近は度を越している様に思えてならない・・・。
まぁ、古株・中堅がどんどん抜けていって素人しか残らない、
そんな会社の状態だから仕方が無いのだけれど・・・。
やっぱり、そろそろ潮時なのかね〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

5/29(火) けいちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる